清潔感がポイントとなるお見合いパーティーの服装

サイトマップ

トップバナー

お見合いパーティーの服装

ドレス

「結婚」を前提としたお見合いパーティーなので意識した服を選ぶ

初めてお見合いパーティーに行くのでしたら、どんな服装で行ったら良いのか悩むと思います。
実はそれほど気を使う必要はなく、特に決まりはありません。
ただし、特殊なお見合いバーティの場合はドレスアップ形式となるので注意しましょう。 この場合は事前に指示があると思います。
その他の場合は、次のような服装を基準としていくと好ましいです。

男性の場合、とにかく清潔感を第一に考えて下さい。
スーツ、ややフォーマル寄りな雰囲気の服装、カジュアルな服にジャケットなどをお勧めします。
女性の場合も同じく、清潔感が必要です。
それに加え、柔らかさも兼ね備えると良いでしょう。
隙のないスーツよりは抜け感のあるスーツ、柔らかい色合いのカジュアルな服、清楚なワンピースなどが好感度を上げます。
パンツ系よりもスカートを、ハッキリとした色よりも柔らかい色を選んだ方が、相手に与える印象が良くなると思います。

ハイヒール

服装についての注意点

服装についての注意点がいくつかあります。
男性ですと、趣味に走り過ぎた服装は避けた方が無難です。
奇妙奇天烈なものやロックテイストは危険です。 もちろんダサい服装は論外、最低限のオシャレは必要です。 髪型にを気を配り、寝ぐせなどのチェックは入念にしましょう。
爪もきちんと手入れして、清潔感を忘れないようにしてください。
足元にも注意して、間違ってもサンダルを履いていくなんてことがないように。
女性は細やかなところまで気づきます。

女性の注意点は、まず激しい露出を避けることです。
胸の開きすぎた服装や短いスカートは下品な印象になりがちです。
派手な色合いの服装は避け、爪や化粧は綺麗に上品に、派手すぎないように心がけましょう。
ジーパン・サンダルはNG、もちろん高すぎるヒールは、これから結婚を考える相手としては好印象に繋がりにくいです。 つまりは「結婚」を前提としたお見合いパーティーなのですから、それを意識しての格好を選ぶようにすれば良いのです。 何を前提にしているのか、そこを考えると服装選びも迷わなくて済みますよ。

持ち物と注意点

身分証明

特に指定されなければ、持ち物は必要ありません。
基本的には次のものが必要になる場合が多いです。
ますは身分証明書です。信頼できるお見合いパーティーでは必ず必要となります。
最初に受付で提示し、確認する場合が多いです。 次に筆記用具でして、こちらは簡単なプロフィールを書いたりするために必要となります。
主催者側で準備してくれてるかもしれませんが、使い慣れたものが書きやすく良い場合があるでしょう。
大人のマナーとしてボールペンくらい持ちあるく習慣があるのは、良い印象を与えると思います。

大人のマナーとして準備しておくべきこと

他には割引クーポン、替えのストッキング、参加費などです。
サイト上で割引クーポンなどがある時は、事前に出力しておきましょう。
女性の場合はストッキングの伝線に備えて、日頃から持ちあるくようにしておくべきですね。
最近はコンビニですぐに購入できますが、会場でいきなり伝線した場合は買いに行けません。
こちらも大人のマナーとして準備しておくべきことです。参加費を忘れるなんて論外ですね。

ポイント 最後の注意点となりますが、荷物についてです。 荷物は少なめにしてください。
ショッピング帰りのショップ袋を持って行くのなんてありえません。
大きなカバン、高価すぎるカバンは避けましょう。
見栄を張ったり気合いを入れ過ぎて、高価なものばかり身につけていくのは良くありません。
印象があまり芳しくないばかりか、お金目当ての対象にされてしまいます。
お見合いパーティーは将来的な出会いにつながる可能性が多々あります。
浪費する相手は選ぶのに躊躇うことが多いです。将来を見据えたときに貯蓄などの面でどうしても心配があるとパートナーとして 選びにくいですよね。

お見合いパーティーの心得の基礎知識