最低限のマナーは笑顔と距離感

サイトマップ

トップバナー

最低限のマナー

笑顔

好感が持てる表情を作れるようにすべきです

お見合いパーティーは将来に繋がる出会いの場です。
それゆえに、最低限のマナーは守るべきだと思います。
そこで、これだけは守るべきだと思うことをまとめて行きます。
まずは体調管理です。 体調をきちんと整えておかなければ、相手に悪い印象を与えてしまいます。 第一印象というものはとても大事なものです。 将来を考える相手をさがしているのですから、健康なイメージを持ってもらうようにしましょう。
前日に飲み過ぎるなんて言語道断、「飲み過ぎたんです」なんて言い訳を初対面でするなんて失礼極まりありません。

次は笑顔です。
とにかく笑顔を心がけましょう。 緊張してしまい、顔がこわばるかもしれません。
けれど、それでは好印象に繋がりにくくなります。
一社会人として、初対面であろうとも人と対面する以上は好感が持てる表情を作れるようにすべきです。

距離感

相手との距離に注意

次に守るべきなのは、できるだけ多くの人と話すことです。
一緒に参加した友人がいる場合、その友人とばかり話してる人がいます。
それでは何をしに来たのかわかりません。 自分で自分のチャンスを潰しています。
それが心配ならば、1人で参加した方が良いかもしれませんね。
もちろん気に入った人がいるのなら、その人とばかり話すのは良いことです。
一途な想いが伝わるでしょう。

最後に守って欲しいのは、相手との距離です。
特に男性に注意して欲しいことです。
話す時の距離が無駄に近い人がいますが、初対面ですと相手に不快感を与えます。
気さくと馴れ馴れしいは違います。 初対面の距離感を守るというのは、大人のマナーのひとつです。ただ女性から近寄ってきた場合は逃げずに その距離を感じて話すようにしましょう。

女性側の覚悟

初めてお見合いパーティーに参加する時、女性1人では不安があるのではないでしょうか。 女性は友人を誘って参加する場合もあります。
不安は解消されるかもしれませんが、良いことばかりとはいえません。 友人と参加した場合、一緒に参加した友達がモテモテで、取り残される場合があります。

自分を安く売る必要はありませんが、許容範囲を広げる心構えも必要
話しかける

最終的に友達だけがカップルになってしまい、お見合いパーティー終了後にお茶などに行ってしまったら、残された方は寂しいですね。
友人でないにしても、人気の女性に男性が群がることはあるようです。
誰にも声をかけられずに終わってしまうことも覚悟しなければいけません。
素敵な人がいたら積極的に声をかけ、連絡先を交換するなどして輪を広げる努力をしましょう。

ポイント 参加してくる男性は出会いがない人もいますが、女性に対して奥手で経験が少ない男性も少なくありません。 もちろん、見た目などにコンプレックスを抱いていて積極的になれない男性も多いでしょう。
自分を安く売る必要はありませんが、許容範囲を広げる心構えも必要となります。
それと、あなたが男性にルックスや性格、経済力などを求めるように、相手も女性に対して色々と求めて来ます。 素敵な人と縁が欲しいのなら、炊事洗濯を含めた自分磨きも必要な のではないでしょうか。亭主関白がいい、という女性も多くいますが、実生活になるとやはり助けてほしいものなのです。 この辺りは理想と現実ですので、男性はあまり女性の「亭主関白」希望に期待しないほうがよいです。

お見合いパーティーの心得の基礎知識